2015年4月27日月曜日

北陸新幹線で上野へ



連休間近でそわそわしているのは私だけでしょうか ^^;



さて、先週のことですが


一昨年まで4年間通い続けた”家づくり学校”の川口スタジオ同窓会のため、


自身初の北陸新幹線にのって上野へ行ってまいりました。





もちろんかがやきに乗って。


やっぱり速いですね~。


約1時間で長野まで、2時間で上野に到着しました。




大学を卒業して約18年になりますが、


社会人になってから通う学校での同窓会って、


同じ業界で同じような悩みや苦労を抱えた人同士話あえるのがいいですね。


同窓会の会場は上野公園内の「韻松亭」



自然と建築が重なりあったとてもいい空間で、とてもいい時間を過ごしました。


韻松亭についてはこちらから>>



写真がうまくありませんが、
同窓会の様子です。




















2階の開口部から庭の樹木が室内に飛び込んでくるような、


建築と自然が一体となった空間です。


開口部にはアルミサッシと障子が入っていますが、


写真右側の壁にすべて引き込まれるので、


窓を開けた時に窓のフレームがなくなって、自然がダイレクトに入ってきます。



この日は小雨が降ってきており、少々肌寒かったのですが、


せっかくなので窓をすべて開放して全員で歓談しました。


風で枝や葉がこすれる音、雨の音、風の冷たさなど、


小さな空間の中にあっても半屋外的な広がりを持った心地よい空間でした。


手すりの高さも低いのですが、座って食事を楽しむには邪魔にならない良い高さでした。


窓から覗く庭の景色

窓から覗く庭の景色(1階テラス)






































そして恒例(?)の建築探検^^;


ここはどうなっているんだろう、これいいね、などなど意見を交わしながら


館内をウロウロ^^;


もうこれは職業病でしょうか^^;


建築家としての性ですね^^;



1階テラスからの眺め。
外から見る外観とは違い、モダンな空間でした。

玄関の切り取り窓












































玄関の切り取り窓は、下に視線を導くために高さが低くなっています。


窓と言いましたが、この開口部には建具が入っていませんでした。


こういった玄関正面に開口部を設える手法は、


もてなしの演出として私もたまに使います。



外観





















このあと2次会へ向かい、遅くまでお互いの近況などを語り合いました。


とても励みになりました。


いい空間を体験するのは本当に勉強になりますね!




----------------------------------------

富山県で注文住宅をお考えなら。

マツモトケイスケ一級建築士事務所


注文住宅の無料トライアルプランを行っています。

お問い合わせはホームページのメールフォームかお電話にて。


〒933-0014
富山県高岡市野村1143-1 カルムいわせの1-E
url:http://m-k-archi.jp
e-mail:m.k.archi@rainbow.plala.or.jp
tel:0766-50-8224

2015年4月23日木曜日

メンテナンスのお話



春らしい心地よい天気が続いております。




建てるばかりではなく、今日はメンテナンスのお話です。


陽筒の建主さんより


「便所の建具の動きが悪いので見に来てもらえませんか?」


と電話があり、さっそく工務店の社長さんと一緒に行ってまいりました。


陽筒は無垢材の床板、建具も既製品ではなく建具屋さんによる製作建具、


建具枠も大工さんが加工する栂の無垢材で、


自然素材による家づくりをコンセプトに設計した住宅です。


陽筒についてはこちら>>





ところが、電話をいただいた時はほとんど動かなかった建具が、


私たちが伺った時にはスムーズに動くのです。


電話をいただいたのが土曜日、その日の天気は晴れ、湿度が15%


日曜の天気は曇りで湿度が86%、月曜の天気は雨、湿度が90%



伺ったときは湿度が高く、建具がスムーズに動いていました^^;


ただ、考えられる原因としては、


1、建具が乾燥収縮したことで建具同士が擦れて動きにくくなった。


2、枠と建具が乾燥収縮したことで建具が動きにくくなった。


3、床板が乾燥収縮したことで引き戸のレールを持ち上げて建具が動きづらくなった。


などが考えられますが、それぞれ対応の仕方が違うので原因を特定できず、


動きにくくなったときにすぐに連絡いただくようにしました^^;



自然素材を扱うときの注意点として、自然素材は生きているということを理解することです。


自然の木は生きています。


自然の木は乾燥すると縮みます。


少し無責任な言い方かもしれませんが、


自然素材を扱う時は、不具合をも楽しむような懐の深さが必要かなと思っています^^;



ついでに他の建具もチェックしてきましたが、


やはり水廻り(便所や脱衣室)の建具が動きにくいことが多いようです。




陽筒には他にも壁に漆喰粉末入りの塗装を使用しています。
(製品名プラネットウォール プラネットウォールについてはこちら>>


壁や天井に塗装を使うとよく割れたりヒビが入ったりするので見てきたのですが、


( 細かく言うと塗装自身が割れることはなく、下地の木の乾燥収縮の動きに


 塗装が追従していけず割れてしまう。)


陽筒では壁の入隅では多少塗装割れが見られるものの、


建具枠廻りや平面での割れは全くありませんでした。


(※塗装は比較的割れやすいですが、ビニールクロスを用いても割れないことはありません!)




おそらく塗装自身の性能よりも、


塗装下地に一度紙を貼っているのが効いているんだろうと思います。



塗装前にボードの上から紙を貼っています。
ボードのパテがうっすら見えているのがわかります。








































上の写真は塗装下地の施工状況です。


クロスを貼る機械を用いていますが、ビニールクロスを貼っているわけではありません。


石膏ボードのパテがうっすら見えているのがわかるでしょうか?



この紙貼りの工程があるので、一般的な塗装よりも高価ですが、


左官よりもリーズナブルな値段です。



まだまだ経年を見る必要がありますが、この壁材はオススメです。







富山県で注文住宅をお考えなら。

マツモトケイスケ一級建築士事務所


注文住宅の無料トライアルプランを行っています。

お問い合わせはホームページのメールフォームかお電話にて。


〒933-0014
富山県高岡市野村1143-1 カルムいわせの1-E
url:http://m-k-archi.jp
e-mail:m.k.archi@rainbow.plala.or.jp
tel:0766-50-8224




2015年4月21日火曜日

現場レポート"ANNEX01"~建て方~



先週、ANNEX01の建て方工事が行われました。


建て方とは、建物の骨組みを造りあげる建築工事の中の一大イベントです。



やはり塀に囲まれた敷地内では、材料を近くに搬入するのも一苦労のようです。


塀を超えての材料搬入の様子。




















とくに下は建物や塀、上は電線がある場所では


見ている自分もヒヤヒヤものでした。


レッカーの運転手さんの腕には感激しました。


骨組みが立ち上がりました。




















さすがに平屋だと早いですね。


一日で床断熱材、屋根下地まで工事が進みました。



小屋組みの様子




















屋根垂木もかかりました。

床断熱材です。






































屋根下地ルーフィング




















床の断熱材をはじめ、次世代省エネ仕様となっています。


とくに床断熱では根太レス工法とよばれている工法を用いて


床下メンテナンス用の空間をできるだけ高くとり、


また、根太による断熱欠損をできるだけ避けています。




内部からの様子。




















木造での軸組みで重要なのは、柱・梁部材の大きさはもちろんのこと、


地震に抵抗する力を発揮する筋違いや火打ち梁です。
(写真上で斜めに入っている板材と、天井内部分に斜めに入っている短い角材)


木造軸組み構造では地震に対して接合部の形状維持耐力が弱く、


筋違が少ないとおおきな地震に耐えることができません。


筋違いや火打ち梁がフレームの転倒を抑える働きをします。


最近では、特殊な接合部を用いて耐力を発揮し、


筋違いを用いない木造フレームも開発されています。


木造フレームは主に車庫や開口部のおおきな店舗などに向いています。



いよいよ工事も本格的になってきました。


このあと外壁下地シート張り、屋根仕上げ工事、サッシ取り付けに入っていきます。


このあとは細かな取り決めが多くなってくるので、


建主や工務店との打ち合わせがとても重要になっていきます。






富山県で注文住宅をお考えなら。

マツモトケイスケ一級建築士事務所





2015年4月15日水曜日

現場監理のお仕事紹介(施工図チェック)




すっかり更新が滞っておりました。



現場のペースが落ち着いているのもありますが、



一番の理由はコレです ↓

IT時代とはいえ、いまだに平行定規は手放せません。




















施工図チェックです。



施工図とは、設計図に基づいて工事の人が



「こういうふうに工事しますよ。」



という意図を設計者側に伝える図面です。



今チェックしているのはANNEX01とは別の件で、



壁式コンクリート造の便所の構造体部分の図面です。



壁の厚さ、壁の位置、窓の位置などなど、確認することは山ほどあります。



実際に工事の人が書いてくる図面は構造体部分のみなのですが、



そこから換気扇の穴の位置や照明器具の取り付ける位置、便器の位置やタイルの割り付け。。。



完成の姿を想像しながら、どうやったら各機器が見た目として整然ときれいに配置できるか、



こと細かくチェックし、必要があれば設計を変更してまでも指示をしたりします。



意外にもこの作業が結構時間がかかって大変で、こっちを立てればあちらが立たず。。。



両方をちゃんと成立させるにはどうすれば良いかと行ったり来たり思考をめぐらします。



図面チェックしている間も現場が進んでいるので時間との闘いもあります。



これも監理の仕事の一部ですが、楽しくもあり苦しい瞬間でもあります。



個人的なこだわりですが、施工図チェックは必ず手書き図面を現場の人に渡すようにしてます。
(元図はCAD図面ですが。)



理由は、ちょっとでも自分の力の入れ方や意気込みが伝わるといいなぁなんて



淡い期待を現場の人によせているからです。




さて、この図面を持って現場監督さんと打ち合わせに行っています。




施工図を介したやり取りが質の高いものを造っていくコツだなぁなんていつも思います。



施工図はこれだけでなく、ほかの部位もまだまだあります。



ふぅ。。。。。^^;







富山県で注文住宅をお考えなら

マツモトケイスケ一級建築士事務所



2015年4月6日月曜日

現場レポート”ANNEX01” ~底盤コンクリート打設~



少々更新が遅れました。


だんだんとあたたかくなり、桜の咲く時期となりました。



さて、先日ANNEX01の基礎底盤コンクリートの打設に立ち会ってきました。



建物越しにポンプ車のブームを伸ばすという、自分でも初めての経験をしました。

車庫の屋根越しにポンプ車のブームが伸びています。





















上は電線、下は建物の屋根、その間を潜ってブーム伸ばしているときは


ぶつからないか冷や冷やしながら見守っていましたが、


ブームを操る職人さんの腕もよく、ギリギリのところでうまく伸ばしていました。



コンクリート打設状況。




















本当に職人さんの腕の良さにはいつも感心します。



コンクリート打設状況2.




















左側の二人がポンプを操る職人さん、真ん中がコンクリートを均す職人さん、


そして、右端がバイブレーターでコンクリートを隅々までいきわたらせる職人さんです。



ここでバイブレーターについて説明します。


バイブレーターはコンクリート打設の際にいつも使われる道具のひとつで、


型枠の間に生コンをいきわたらせる重要な道具です。



バイブレーター。





















コンクリートはセメント、砂利、水で構成されているので、そのままポンプで流し込んでも


鉄筋に阻まれて隅々までいきわたりません。



そこでバイブレーターで細かい振動を与えてコンクリートを型枠の隅々までいきわたらせるのです。



コンクリートは密実にする必要があるため、強度のほかにスランプという値でも評価しますが、



たいていの場合、スランプ値は15~18とします。



この値が少ないほどコンクリートの流動性が少なく隅々までいきわたりにくく、打設しにくいのです。



私はいつも基礎にあってはスランプ15としていただくようにしています。





ANNEX01では基礎底盤の厚さは150mmとしています。



どうやって厚さを図るのかというと、バイブレーターの隣にある鉄筋棒に印をつけたものを


差し込んで、「ここまでコンクリートを打ちますよ。」という指示を出しているのです。

印のついた鉄筋棒。


























本来、床下防湿上、土間シートに穴をあけるのはよくないことなのですが、



コンクリートが150mmあるので、コンクリートが防湿してくれていますので、



この場合は施工上間違っていません。






















 





















こうやって職人さん泣かせの現場の工程がひとつ終わりました。



これから配管、土台伏せへと移りますが、



まだまだ職人さんには苦労を掛けることとなります。






 

富山県で注文住宅をお考えなら

マツモトケイスケ一級建築士事務所
松本啓介


 
 
 




2015年3月27日金曜日

現場レポート”ANNEX01” ~鉄筋工事~



いよいよ春の到来でしょうか。



今日も快晴の良い天気です。



さて、昨日はANNEX01の鉄筋工事も完了し、



配筋検査に行ってきました。

配筋状況

検査状況。







































スラブ配筋も綺麗に配筋されており安心しました。





べた基礎の鉄筋やコンクリート厚さは、



構造計算によって確かめなければならないこととなっていますが、



全建総連からでているべた基礎スパン表を参考に鉄筋を決めております。



べた基礎以外にも基礎の鉄筋にはいろいろ注意するべき点がありますので紹介いたします。



鉄筋の間隔や太さの他に、特に注意したいのは「かぶり厚さ」です。



かぶり厚さとは、基礎コンクリートの面と鉄筋の面との距離のことを言います。



「かぶり厚さ」は建築基準法で以下のように決められています。


「鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さは、

 耐力壁以外の壁又は床にあつては2cm以上、

 耐力壁、柱又ははりにあつては3cm以上、
 
 直接土に接する壁、柱、床若しくははり又は布基礎の立上り部分にあつては4cm以上、

 基礎(布基礎の立上り部分を除く。)にあつては捨コンクリートの部分を除いて

 6cm以上としなければならない。」



かぶり厚さを確保することは、水、空気、酸又は塩による鉄筋の腐食を防止します。



鉄筋コンクリートの構造特性は、引っ張り力や曲げに対しては鉄筋が負担し、



圧縮力に対してはコンクリートが負担する一体となった構造要素です。



なので、かぶり厚さを確保し、鉄筋とコンクリートを有効に付着させることは



基礎の耐力を十分に発揮させるのにとても大切なことなのです。



基礎スラブのかぶり厚さはサイコロ状のコンクリートで確保します。

基礎下部のかぶり厚さを確保するためのサイコロ。
6cm確保できています。





















サイコロは直方体ではなく、立方体の形状のものもあるようで、



よくサイコロの置く向きで4cmくらいになったりする場合もあるので、



サイコロの向きには注意して見ておかなければなりません。





基礎の立ち上がりでは、ドーナツと呼ばれる樹脂の輪をサポートに使います。

基礎の立ち上がりのかぶり厚さ。
ドーナツによって4cm以上確保。





















写真上でグレーの丸い輪状のものをいたるところに配置しています。



これもいろいろなサイズがあるようなので、



しっかりとかぶり厚さが確保されているか確認する必要があります。



特に木造では、このあと16mmのアンカーボルトが設置されるので



この段階ではかぶり厚さを45mm程度は確保しておきたいところです。



最後に基礎立ち上がりの開口部について申します。



前回でべた基礎の地中梁のことを記しましたが、



地中梁を設けてあっても基礎の開口部には斜めの補強筋が必要だと思っています。

斜めに配置された鉄筋




















この斜めの補強筋は、梁のせん断や曲げによる



コンクリートの割れを防ぐ目的で設置します。






このように、基礎の配筋には間隔や鉄筋の太さ以外にも注意して見る点がありますので



参考としていただきたいと思います。






富山県で注文住宅をお考えなら。

マツモトケイスケ一級建築士事務所
松本啓介








2015年3月26日木曜日

現場レポート”ANNEX01” ~基礎工事 vol.2~



おはようございます。



今朝は肌寒いですが、天気がよく



桜の開花が待ち遠しい今日このごろです。



ANNEX01の現場では、捨てコンクリートと砕石工事が行われています。

砕石が敷かれ、地中梁部分に捨コンが打たれています。




















捨てコンクリートとは、主に基礎の下に置かれる墨だし用及び高さ調整用の



基礎よりも強度の低いコンクリートのことです。



べた基礎では地中梁の部分に打設されます。


写真上の凸部分が基礎スラブ、凹部分が地中梁です。


スラブの部分には基礎立ち上がりが無いので型枠が設置されず、


墨出しの必要がないので捨てコンクリートは打たれません。砕石を敷いて終わりです。


砕石の上には直接鉄筋が配置され、スラブコンクリートが打たれます。


写真上に小さな機械がおかれていますが、これはランマーといって


バラバラっと敷かれた砕石の上を細かい振動を与えて締め固めるための機械です。



砕石がしっかり均されているかどうかで


次の鉄筋工事がきれいに配筋されるかが決まります。


隠れる部分もきれいに工事されると、とても気持ちの良い現場になります。



このあと、外周部の型枠を組んで基礎鉄筋を配置する工程に移ります。





富山県の注文住宅設計事務所

マツモトケイスケ一級建築士事務所
松本啓介


2015年3月24日火曜日

現場レポート”ANNEX01” ~基礎工事~



諸事情によりずいぶんと久しぶりの投稿となってしまいました。



春も近いと思いきや、


雪がちらつく天気となっています。



さて、先週から現場がひとつ動き始めたので工事の解説と合わせてつづっていきます。



今回のプロジェクトは”離れ”の住宅です。



離れとは言っても、母屋とは渡り廊下で接続しているので完全に離れとは言えませんが。



要するに二世帯住宅化するための増築といったところです。



今回は水廻りおよび玄関とも分離した完全二世帯住宅になります。



二世帯住宅には今回のような完全分離型の二世帯住宅や



水廻りと玄関は共有し、リビングを2つ設けるタイプ、



寝室のみ分離するタイプなど様々なタイプがあります。



参考までに申しますと、建築基準法において敷地の過分不可分という要綱があり、



キッチンやお風呂などの水廻り一式をそろえた形で完全別棟形式とすることはできません。



ひとつの敷地にふたつの住宅が建つことになるからです。



という訳で、完全分離型の二世帯住宅を計画する場合は



敷地を分割して計画するか(登記上の分割ではない)、増築して同一棟とするほかありません。



法律の豆知識はこの辺にして、現場レポートに移ります。



現在は基礎工事の最中です。



基礎を地盤に定着させるため、地面を掘り、基礎コンクリートを打つ準備をしています。



これを「根切り」と言います。


根切り状況。
















地盤調査の結果、ベタ基礎を採用しました。



敷地は海に近いので杭工事を予想していたのですが、



建物が平屋なのが幸いして改良を行わずに済みました。



敷地は塀で囲われており、杭を打たなくて済んだことは塀を壊さず工事できるので



本当に助かりました。



土砂の搬出や材料の搬入にとても苦労しそうですが・・・・。



べた基礎とは建物の荷重を底盤で支え、広い面積で地面に荷重を伝える基礎方式です。



面で支えるので単位面積当たりの地面に伝わる圧力が少なくなり、



その分少ない地盤耐力で済みます。
(地盤耐力により採用できる基礎の方式は建築基準法で定められています。)



写真のうち、凹状の部分はべた基礎の地中梁部分の根切りです。



べた基礎は面で支えると申しましたが、べた基礎の面を維持するためには



梁が必要になります。(箱の蓋をイメージしていただけるとわかりやすいです。)



通常は床下部分の基礎立ち上がりが逆梁となって面を維持する



機能を果たしているのですが、床下部分すべてに立ち上がりを設けてしまうと



メンテナンスを行う時に人が床下をくまなくチェックできなくなってしまいます。



それを避けるために地中梁を設けて面を維持しています。



立ち上がりの区画毎に床下点検口を設ける方法も無くもありませんが、



断熱を切ることと、室内にぼこぼこと点検口が出るのが嫌だったので地中梁方式としています。



建物はメンテナンスのことも考えて設計しないといけません。






富山県の注文住宅設計事務所

マツモトケイスケ一級建築士事務所
松本啓介