2012年11月15日木曜日

竹中大工道具館巡回展~数寄屋大工~




神戸にて。



竹中大工道具館巡回展~数寄屋大工~を見学してきました。




内容は茶室の作り方の展示です。



どれも一般住宅ではめったに使われることのない高級品ばかりです。



本来、茶室では侘び茶の観点から使われる素材は素朴なものであったはずが



現在では高級品になっていますが。。。。



展示されていた茶室(構造解説用の為、未完)は



”三畳下座床本勝手上げ台目切、中目板入り”だと思います。。。たぶん^^;



茶室の中に入ることは可能だったので



中で座り、茶室の狭隘を感じてきました。



天井の低さ、空間の小ささが心地よかったです。




やはり茶室は素材の作り方ひとつひとつが奥が深いです。




残念ながら中の展示物は撮影禁止の為、



会場で購入してきた展覧会図録をパチリ!


展示内容の解説も詰まった一冊。

























2012年11月7日水曜日

お茶会




めっきり寒くなりました。



はやいもので、今年も残すところ2か月をきりました。




さて、先週11/3のことですが、




初めてのお茶会に参加してきました。




場所は高岡の繁久寺さん。




たくさんの方々が参加される中、



初茶会で緊張しまくりでした ^^;




しかも客側の作法を一切習っていないなかでの参加。




好奇心の赴くまま、無謀ともいえる参加に自分でもびっくりです ^^;




幸い、受付でワタクシの先生に会い、先生のお知り合いを紹介され、



その方の隣でいろいろ教えていただきながら、



そして真似をしながら、なんとか初お茶会を終えることができました (*^_^*)




一席30人程度の大寄せだったため目立つことはなかったのですが、



結構失敗だらけでした ><;




しかも足がしびれて茶会を楽しむ余裕すらなく。。。^^;




しかし、正客で招かれた方の知識の深さ、会話の上手さには感銘いたしました。




帰り際に教えていただいた方から



「男性は正客のお稽古もしないとダメよ。」



との一言!(°ロ°;)




お茶室の勉強がてら始めたお茶のお稽古も



お茶の世界へどっぷりつかっていきそうです。。。^^;


お茶会での風景を撮る余裕もなかったので、
記念に会記を。
去年修繕された燕庵の古材を使った茶杓も
今回の席でつかわれました。