2015年4月21日火曜日

現場レポート"ANNEX01"~建て方~



先週、ANNEX01の建て方工事が行われました。


建て方とは、建物の骨組みを造りあげる建築工事の中の一大イベントです。



やはり塀に囲まれた敷地内では、材料を近くに搬入するのも一苦労のようです。


塀を超えての材料搬入の様子。




















とくに下は建物や塀、上は電線がある場所では


見ている自分もヒヤヒヤものでした。


レッカーの運転手さんの腕には感激しました。


骨組みが立ち上がりました。




















さすがに平屋だと早いですね。


一日で床断熱材、屋根下地まで工事が進みました。



小屋組みの様子




















屋根垂木もかかりました。

床断熱材です。






































屋根下地ルーフィング




















床の断熱材をはじめ、次世代省エネ仕様となっています。


とくに床断熱では根太レス工法とよばれている工法を用いて


床下メンテナンス用の空間をできるだけ高くとり、


また、根太による断熱欠損をできるだけ避けています。




内部からの様子。




















木造での軸組みで重要なのは、柱・梁部材の大きさはもちろんのこと、


地震に抵抗する力を発揮する筋違いや火打ち梁です。
(写真上で斜めに入っている板材と、天井内部分に斜めに入っている短い角材)


木造軸組み構造では地震に対して接合部の形状維持耐力が弱く、


筋違が少ないとおおきな地震に耐えることができません。


筋違いや火打ち梁がフレームの転倒を抑える働きをします。


最近では、特殊な接合部を用いて耐力を発揮し、


筋違いを用いない木造フレームも開発されています。


木造フレームは主に車庫や開口部のおおきな店舗などに向いています。



いよいよ工事も本格的になってきました。


このあと外壁下地シート張り、屋根仕上げ工事、サッシ取り付けに入っていきます。


このあとは細かな取り決めが多くなってくるので、


建主や工務店との打ち合わせがとても重要になっていきます。






富山県で注文住宅をお考えなら。

マツモトケイスケ一級建築士事務所





0 件のコメント:

コメントを投稿