2014年4月21日月曜日

自然素材の家づくりに最も重要なこと。




昨日、去年竣工した”陽筒”の




建具一か所の動きがわるいとのことで




経年のメンテナンスにいっていました。




(陽筒については弊社HPに記載>>陽筒



できるだけ職人の手によることにこだわってきた建物で




既製品の内部建具は一切使っておらず、建具職人によって製作しています。




又、それに伴う枠などの部材もすべて自然の木といいますか




大工さんが加工して製作したものです。




自然の木ですから、加工したあとも生きていますので




材の収縮は避けることができません。




不具合はメンテナンスによって調整できますので



自然のものがもたらしてくれるメリットや味わいに比べると



大した問題ではないように思っています。




陽筒は建て主様の自然素材へのこだわりから



自然のもの特有の性質をご理解いただいた上で完成しました。




自然素材の家は経年メンテナンスが最も重要です。



とはいっても、規格品ばかりの家でもメンテナンスの必要性はあります。






インテリアも上手に選ばれていて



関わった私も大変うれしく思っています。










家づくり学校修学旅行 vol.2



家づくり学校の修学旅行のつづきです。




加賀橋立保存地区に続いて次に行った場所は



中谷宇吉郎雪の科学館。



設計は世界的にも有名な磯崎新氏。



磯崎さんの建築は



大きな建築物が多いですが、



この建物は小ぶりな建築で



小さな建物しか設計したことがない私にとっては



とても参考になる建物でした。



3つの六角形の棟からなる象徴的な外観で


喫茶室からは白山と柴山潟が望める秀逸な建物です。


エントランスからの外観























建物前の広場ブリッジからの眺め






















この建物を訪れるのは2回目で、


以前訪れたのは確か社会人一年目の時だったでしょうか。




そのころと比べ、外観の汚れや劣化は否めませんが、


良い建築は時間がたっても変わらないなぁと実感しました。




2014年4月17日木曜日

建築のディテール。



昨日ふらりと寄った本屋さんで



タイトルに惹かれて建築知識のバックナンバーを買いました。






建築知識2月号





















かの有名な近代建築の巨匠、ミースファンデルローエが言うように


「ディテールには神が宿る。」と信じています(^^ゞ



日々勉強です。



ディテールには建築家の美意識が詰まっていると思っています。



空間をどう見せたいのか。


光をどう取り入れたいのか。


明るい空間としたいのか暗い空間にしたいのか。




今の世の中、建築雑誌などで誰でも自分好みの建築アイテムを簡単に知ることができますが、


単に雑誌で見たディテールの写真がかっこいいと思って作るのと違い、


ディテールと空間全体がどう絡み合うのかというところが建築家としての腕のみせどころ。





自分好みのアイテムを集めて組み立てた結果、全体としてぐちゃぐちゃになってしまった。。。


というのはよくある話。



さりげなく嫌味のない、デザインとしてのディテールではなく、

効果としてのディテールを大切にしたいと思っています。



2014年4月14日月曜日

瑞龍寺茶会



4月12日の土曜日




高岡市の国宝瑞龍寺にて県内4団体によるお茶会があり



僕も1日目の藪ノ内流竹風会の一員として参加してきました。



お茶会が開催されるとき、その裏方にはたくさんの人がもてなす準備をしています。



それを知るのもまた勉強と思い、お茶を習っています。



席主(席に立ってお道具やしつらえの説明、正客の相手をしたりします。)


客前でお点前をする人


席全体を見て裏方に指示を出す人


お運び(お茶やお菓子を運ぶ人)


お茶をたてる人


お菓子を準備する人


お茶碗を洗う人


そのすべてを統括する人



それぞれの役割に複数人構えています。



当日の会場準備を含めるとさらに大勢で準備することになりますね。





今回はそのなかでお運びとしてお手伝いしてきました。


国宝でのお茶会は古建築という場の風情と、


国宝という偉大な建物という緊張感が相まって、何か感慨深いものがありました。。



床のしつらえ
















床のしつらえ2

























手前道具
























ただ、お運びは立ったり座ったりする動作を何回もするので


昨日からふとももが筋肉痛で歩きにくいです(^^ゞ





2014年4月2日水曜日

家づくり学校修学旅行



先月末


家づくり学校の修学旅行に参加してきました。


総勢30人で加賀、金沢の歴史的建造物を中心に見学してきました。



隣県とはいえ、微妙に建築形態が違うものですね。


 
加賀橋立北前船資料館

 




北前船資料館のワクノウチ(?)




加賀橋立歴史的建造物保存地区の街並み
笏谷石(しゃくたにいし)の石塀


蔵六園

2014年4月1日火曜日

タイル



今日でついに消費税率が8%になりました。


しかし再来年あたりに10%になるとか。。。。



10%と言えばほぼ設計監理料と同額ですが。。。。





さて、今工事中の改修工事現場では



ラストスパ-トに向けて仕上げ工事が行われています。



その中で今回は少し面白いタイルを使用したので紹介します。



平田タイルの「ダイアゴナル」シリーズです。



普通、タイルを貼る時はタイル一枚一枚の間を目地で埋めていくのですが



その目地をタイルの模様として意匠的に使っているのがこのタイルの特徴です。



選ぶ目地の色で空間に応じてアレンジできます。



イタリア製のデザインタイルなので少々高価ですが、ポイント使いには良いと思います。



今回は構造上どうしても抜けない柱の化粧として同タイルを使用しました。







化粧柱側面にタイルを貼ります。















 

 
 


タイル全面にカラー目地を塗ります。
今回はワインレッド色を塗りました。






















全体をふき取ります。