2010年10月18日月曜日

LED照明のおはなし

先週10月14日木曜日









ウィングウィング高岡で開かれた









『環境にやさしい照明』の設計テクニック









という講習会に参加してきました。


















講師の方は照明器具メーカー、ヤマギワさんです。


















話の中心は、今話題の”LED照明”です。


















京都議定書の目標達成計画の中には、









「高効率照明の普及」として









LED照明の普及が推進されているそうです。


















そしてその目標は、









2010年にCO2削減-340万トンとなっているそうです。





















このLED









建築照明以外にも









車のリモコンや携帯電話のディスプレイなど









LEDのタイプは違うのですが、









案外身近なところにも使われています。





















しかしこのLED









まだまだ発展途上らしく、









いくつかの問題点が残っているそうです。





















一番驚いたのは、









LED=省エネ・高効率









と思っていたのですが、












建築照明に限っては












今のところ、









hf型蛍光灯(高周波型蛍光灯)の方が









効率が高いそうです。









(ここでいう効率とは、少ない電力で大きな明るさを保てること)
























他には









LEDの明かりは直進性が特徴のため、












同じ照度の器具を選択しても、












直下の床周辺は明るいのですが、












部屋全体としては暗く感じるそうです。
























なるほど。。。









僕の仕事場の電球ををLEDに変えたときに









全体として暗くなったような気がしたのは、












気のせいではなかったんですね。^o^;



























他には色んなLED照明器具の紹介や、












未来の照明器具、









『有機EL』の紹介もされました。





















一言にLEDといっても









色んな種類のLED照明があるんですね。^^;
























今回はたいへん勉強になりました。




色んなLED照明