2014年7月26日土曜日

塩融ける?



暑くなりました。


いよいよ夏の到来でしょうか。




事務所の玄関前には商売繁盛を願って



いつも盛り塩をおいてあるのですが、



今朝事務所に来るとお皿に水が浮いているではありませんか!(+_+)



誰かのいたずら?



湿度が高くなったせい?



何かの予兆?




お皿に水が浮います。
良い兆しだとうれしいのですが。。。





























塩が水になるのをあまり聞いたことがないので気になります。。。。






2014年7月18日金曜日

子どもと建築

 

私ごとですが、今年の3月に第一子が誕生いたしまして



日々成長が目に見えてくる今日この頃です。




先日ようやく寝返りができるようになりました(^^)






勢い余って布団から落ちています^^;























だんだんとジッとしている時間が少なくなり、



こうなってくると目が離せなくなってきました^^;






自分も親になってみて



かつて建主さんが階段手すりの開放性の心配をされたり



建物や家具の角に気を配られていたりされていた気持ちが何となくわかるようになってきました。




去年、川口通正先生に


「子育ても建築の勉強になるよ。」


と教えていただいたことがようやく実感となってきました^^;




子育て一年目、仕事につながる発見も多いです。



小さな子供の目線でもっともっと細部に目を配らなければいけませんね^^;


























2014年7月10日木曜日

富山県の茶室めぐり


いよいよ暑くなり


夏らしくなってきました。



7月5日 土曜日


富山県建築士会主催の「富山の茶室見て歩き」に参加してきました。



去年の第1回目から参加しておりますが、



どの茶室も多種多様でそれぞれ工夫が凝らしてあって面白いです。



今回は、富山市の経堂にある「旧広瀬邸」のお茶室。



広瀬邸はかつて銘木商の社長宅であったところに作られた茶室。



銘木商らしい、珍しい木材が使われておりました。



また北陸の気候に即した設えとして、



土間庇内部に手水があり、雪や雨の時でも濡れずに手水が行えます。



アプローチの植栽が
静かな佇まいを表しています。
























旧広瀬邸は現在「長江茶寮」として飲食店となって一般的に公開されています。



茶室部分は交渉次第だと思いますが。。。





寄り付きから見る庭。
窓が丸く切り取られています。