2011年10月17日月曜日

家づくり学校”左官”

15日の土曜日


東京の家づくり学校に参加しました ^^



今回のテーマは”左官”です。



中野区東中野の「富沢建材」さんにて


社長の冨澤さんによる左官の勉強と



2人の名人のご指導の下、塗り体験をしました =^_^=


左に立っておられるねじり鉢巻き姿の名人が「忍者左官」こと小沼名人
右に立っておられる立派なひげ姿の名人が”軍手コテ”で壁を表現される植田名人

















失敗した塗り板を補修してくださっているのを見たのですが、


ほれぼれしてしまいますね!



まずは講義のこと。


日頃、塗り壁を設計でおりこむこともありますが


メーカーさんが出している


「既調合材」と言われているものしか使ったことがありませんでした。



しかし今回は土や砂、糊、すさをその場で調合する


まさに昔ながらの方法を直に見てきました (^.^)


土といっても様々あるようで


左官の奥深さを感じました。

土の数々。。。
一番左側がつなぎの自然のりです
















写真でしか見たことがなかったのでとても感動しました!



そして続いてわらやすさの数々

わらにも色々。。。。。。
すさにも色々あり。。。。。

カタログからのチョイスだけでは



なかなかお目にかかることができないお宝ばかりでした!



他には石灰クリームとよばれるものの作り方など


化学実験の授業を受けているようでした。

水に生石灰の粉を入れて化学反応(沸騰)しています。
写真だと分かりにくいかもしれませんが。。。
















全てが初めて見ることばかりでとても興奮してしまいました ^^;





続いて


いよいよ塗り体験!




以前サンプルづくりで多少慣れたかなと思っていたら



やっぱり下手クソでした ><;



まずは土壁


僕たちが来る前に下地を塗って準備していただいた枠に


ハンダ土といわれる土を塗っていきました。

①プラスター(?)下地にマスキングテープで塗り厚を決め















②滑らかに(?)塗っていきました。
















材料は二人の名人が調合してくださいました。



名人に調合していただいたのに。。。(TOT)




そして2枚目。。。

①同じようにプラスター(?)下地の枠に
②石灰クリームをのせ

③滑らかに(ToT)均していきます。

④石灰クリームの場合は、渇き具合を見ながら
何回も均すことでそれなりにきれいになりました(笑)

⑤最後にわらをふって完成!
わらを入れすぎて汚らしくなりました (ToT)




やっている本人は失敗しても楽しいのですが、



このブログを見ていただいた方に為のお口直しとして



プロの技を紹介します!

  





これらすべて塗り壁ですよ!


まさに芸術ですね!


土曜日は体験もし、最高の技にも人にも出会って


至福のひと時をすごしました ^^



最後に今回お世話になった富沢建材さんと

小沼名人、植田名人のHPをご紹介して終わります m(_ _)m


富沢建材株式会社 :http://www.tomizawakenzai.com


2011年10月3日月曜日

地盤調査

今朝



今計画中の住宅の地盤調査を行いました。




建物をいくら頑丈にしても



足元が柔らかいと何もなりません。



「砂上の楼閣」とはよくいったもの。




さらに不同沈下の原因にもなります。



現在は瑕疵担保保証の関係もあり



地盤調査はほぼ義務づげられています。




何もしなくて良い地盤であればその分建物にお金をまわせるのですが



なかなかそう都合良くはいきません ^^;



スウェーデン式サウンディングによる地盤調査の様子です。

サンプル完成!!

先週施主さんとの打ち合わせ終了後



しっくいのサンプル塗りに挑戦しました! ^^





これです!


左側が石膏プラスター、右側がしっくいです。





















既調合の材料を水で捏ね、




実際にやってみると




なかなか難しい。。。。><;






何回均してもコテの跡が残ったり




コテのエッジが喰い込んで引っ掛かったり。。。。。 (;一_一)





やっぱり職人さんのようにうまくできませんでした (ToT)/~~~





でもまた挑戦してみるつもりです! ヽ(^。^)ノ