2011年12月19日月曜日

東京研修(木材) vol.2

さて



東京研修の続きです。 ^^




秩父の山へ入り




木のことについて色んなお話を聞きました。



木についてなんとなく信じていたことが



実は間違っていた情報だったり。。。^^;




例えば、木の年輪が詰まっている(年輪の間隔が狭い)方が



荷重に対する力が強い。。。と思っていたのが



実はまったく関係なかったり (ー□ー)!!



年輪の広がっている方角が南!と思っていたのが



実は年輪の広がりと方位は全く無関係だったり (ー□ー)!!



まさに目からウロコ!でした。




その他、木を切る時の風習のお話や



木の使い方(木は捨てる所が無いそうです)を伺い、



山とともに生きるキコリの生き様を見てきました。




木が伐り倒される様子です。↓







しつこい様ですが上林さんは渋々といった様子でした。




それもそのはず。。。 上林さん曰く、



間伐を行うと、



その周辺の木が富栄養化してしまい、



残した木の枝を落とすなどしてもうひと手間加えてやらないといけなく



なるそうです。



今までは、山を維持していくためには間伐が必要だと思い込んでいたのですが




間伐するのがすべて良いとは言えないのですね ^^;

切り倒された木の切り株です。
断面はしっとりとみずみずしい!






 上林さんとはここでお別れをして



埼玉県産木材を取り扱っていらっしゃる


金子製材さんのところへお邪魔しました。(つづく ^^;)

2011年12月16日金曜日

インキュベータオフィス発表会

今日は時折雪もちらつき



日和としてはよくなかったですが




富山市が主催する



創業者支援事業 ”インキュベータ自慢大会” に出展してきました。



様々な企業の方々が各ブースにて自分の事業をコンテスト形式で発表する場です。



入賞者にはPR活動に関する支援がありますが、



残念ながら入賞には至らず。。。 ><;



かなり厳しく突っ込まれ。。。。。撃沈 ^^;



他とは何が違うのかってところを説明するのは



以外に難しかったりしました。




直接仕事に結びつくかは別として



少なからず話を聞いていただいた方もおられたので



まぁ良しとしますか ^^;



割と本格的にブースを設けて行いました。

2011年12月14日水曜日

東京研修(木材) vol.1

今年も残りわずかとなりました。



少々風邪ぎみですが、



張り切ってまいりたいとおもいます (#^.^#)



さて、先日、


東京の家づくり学校に参加してまいりました。



テーマは”木材”



秩父の山へバスで行き、



日本のキコリ100人にも選ばれている



上林(かんばやし)さんより



山の手入れの話、日本の山のことを聞いたのち、



実際に木を切り倒す様を見せていただきました!
(上林さんはしぶしぶといった感じ(?)でしたが。。。 ^^;)




そのあとは金子製材所の金子さん、木楽里の井上さんから




それぞれ木についての目からウロコ的なお話を伺いました。



それぞれの内容はまた後日。。。。 ^^;

中央で説明くださっているのが
日本のキコリ100人に選ばれている
上林さん

2011年11月9日水曜日

省エネ講習会

IBEC主催の


省エネ講習会に参加してきました(#^.^#)



省エネと言っても


細かな部分の断熱施工方法が中心でしたけど。。。。



ほぼ理解している内容だったので



おさらいのつもりで聞いていました。

講師の八谷先生です。




やっぱり省エネ化には断熱と気密は不可欠だなぁ。。。。




しみじみとそう思いました。





と、ここで、



2020年には次世代省エネ基準が義務化されると





講師の先生がおっしゃいました (*_*)3




世の中省エネ化まっしぐらです!




CASBEEと自立循環も少しづつ慣れてきたのに。。。。



今のうちにもっと慣れておかないと!(ー_ー)!!




2011年11月7日月曜日

10t

先月初旬から



なかなか時間が取れず



ずいぶんと更新してませんでした(^^ゞ




ホームページでも掲載しましたが



ブログでちょいちょい更新してきた住宅『10t』が



完成しましたのでブログでも載せようと思います。



ほんっとに小さい住宅ですが、



それなりに頑張ったつもりです(#^.^#)




まずは外観













外壁はガルバ角波です。


写真で見るとスカイラインが中々。。。。(#^.^#)




続きまして内部です。



ダイニングから前室を見た感じです。


















ホントに狭小なので


奥に見える前室(畳の間)は玄関ホールと兼ねてます。。。(^^ゞ





洗面化粧台部分からの天井見上げです。
















1階のダイニング・キッチン・洗面部分は


2階の床下地裏アラワシとなっています。



収納部分を含め、壁は天井まで立ち上がらせず、



柱梁の架構を露出しています。



ひとつながりの空間とすることで



狭さの感覚を少しでも解消しようとしました。




ダイニングの南側開口部を見たところです。


















写真では暗いですが、



実際はかなり明るく開放的になってますよ(#^.^#)





洗面化粧台部分の通路からダイニングを見たところです。



















ね。



明るいでしょ(^^ゞ




確かに狭いけれども



感覚的には窮屈な感じはありません!



コンパクトな生活っていうのも結構いいかも。



そう思える住宅になりました(#^.^#)

2011年10月17日月曜日

家づくり学校”左官”

15日の土曜日


東京の家づくり学校に参加しました ^^



今回のテーマは”左官”です。



中野区東中野の「富沢建材」さんにて


社長の冨澤さんによる左官の勉強と



2人の名人のご指導の下、塗り体験をしました =^_^=


左に立っておられるねじり鉢巻き姿の名人が「忍者左官」こと小沼名人
右に立っておられる立派なひげ姿の名人が”軍手コテ”で壁を表現される植田名人

















失敗した塗り板を補修してくださっているのを見たのですが、


ほれぼれしてしまいますね!



まずは講義のこと。


日頃、塗り壁を設計でおりこむこともありますが


メーカーさんが出している


「既調合材」と言われているものしか使ったことがありませんでした。



しかし今回は土や砂、糊、すさをその場で調合する


まさに昔ながらの方法を直に見てきました (^.^)


土といっても様々あるようで


左官の奥深さを感じました。

土の数々。。。
一番左側がつなぎの自然のりです
















写真でしか見たことがなかったのでとても感動しました!



そして続いてわらやすさの数々

わらにも色々。。。。。。
すさにも色々あり。。。。。

カタログからのチョイスだけでは



なかなかお目にかかることができないお宝ばかりでした!



他には石灰クリームとよばれるものの作り方など


化学実験の授業を受けているようでした。

水に生石灰の粉を入れて化学反応(沸騰)しています。
写真だと分かりにくいかもしれませんが。。。
















全てが初めて見ることばかりでとても興奮してしまいました ^^;





続いて


いよいよ塗り体験!




以前サンプルづくりで多少慣れたかなと思っていたら



やっぱり下手クソでした ><;



まずは土壁


僕たちが来る前に下地を塗って準備していただいた枠に


ハンダ土といわれる土を塗っていきました。

①プラスター(?)下地にマスキングテープで塗り厚を決め















②滑らかに(?)塗っていきました。
















材料は二人の名人が調合してくださいました。



名人に調合していただいたのに。。。(TOT)




そして2枚目。。。

①同じようにプラスター(?)下地の枠に
②石灰クリームをのせ

③滑らかに(ToT)均していきます。

④石灰クリームの場合は、渇き具合を見ながら
何回も均すことでそれなりにきれいになりました(笑)

⑤最後にわらをふって完成!
わらを入れすぎて汚らしくなりました (ToT)




やっている本人は失敗しても楽しいのですが、



このブログを見ていただいた方に為のお口直しとして



プロの技を紹介します!

  





これらすべて塗り壁ですよ!


まさに芸術ですね!


土曜日は体験もし、最高の技にも人にも出会って


至福のひと時をすごしました ^^



最後に今回お世話になった富沢建材さんと

小沼名人、植田名人のHPをご紹介して終わります m(_ _)m


富沢建材株式会社 :http://www.tomizawakenzai.com


2011年10月3日月曜日

地盤調査

今朝



今計画中の住宅の地盤調査を行いました。




建物をいくら頑丈にしても



足元が柔らかいと何もなりません。



「砂上の楼閣」とはよくいったもの。




さらに不同沈下の原因にもなります。



現在は瑕疵担保保証の関係もあり



地盤調査はほぼ義務づげられています。




何もしなくて良い地盤であればその分建物にお金をまわせるのですが



なかなかそう都合良くはいきません ^^;



スウェーデン式サウンディングによる地盤調査の様子です。

サンプル完成!!

先週施主さんとの打ち合わせ終了後



しっくいのサンプル塗りに挑戦しました! ^^





これです!


左側が石膏プラスター、右側がしっくいです。





















既調合の材料を水で捏ね、




実際にやってみると




なかなか難しい。。。。><;






何回均してもコテの跡が残ったり




コテのエッジが喰い込んで引っ掛かったり。。。。。 (;一_一)





やっぱり職人さんのようにうまくできませんでした (ToT)/~~~





でもまた挑戦してみるつもりです! ヽ(^。^)ノ

2011年9月23日金曜日

サンプルづくり

台風一過の晴天の中








戸建住宅の計画で忙しくしております ^^;








施主さんの希望により






メインの部分くらいは塗り壁にしたいと。。。








それで漆喰塗りの壁でいきましょう!






となったわけですが、






漆喰といってもその表情は様々。。。。










メーカーさんにサンプルをお願いしてお客さんに見せるのもいいのですが










好奇心旺盛な施主さんのため、








ここはひとつ








自分たちでサンプルを作ってみようということになり








ホームセンターで材料を購入 ^^










ラワンベニヤ30cm×30cmに3mm厚の桟木を打って
パネルとします。




































左上がしっくい、右上が石膏プラスターです。
















何しろ初めてのことで








どこに行けばひとつひとつ購入できるのかわからなかったので










とりあえず既調合のもので行うことにしました。










石膏プラスター仕上げにしたらコストも抑えることができるのでは。。。








という思いから、石膏プラスターも購入しました。








うまくいくのかどうかは疑問ですが、








とにかく、後日やってみます!

2011年9月6日火曜日

一級建築士

googleの急上昇ワードに




”一級建築士”が出ていました。




そういえば




そろそろ一次試験の合格発表の時期です。





一次に合格された方は二次に向けて気合を入れなおす時期ですね。





資格を取得してから約5年たちますが、




あれからもさらに難易度が上がったと聞きます。





仕事が終わってからも夜遅くまで勉強していたのを思い出します。





建築士の試験(特に一級の場合)は建築の知識や能力以外にも




日々の業務を行いながらいかに時間を作り




仕事と勉強のバランスをとることが問われているような気がします。




いくつも仕事を抱えながら時間を計画立てて勉強する。




今思えば一番勉強していた時期ですね^^;




受験生のみなさん!




体には十分気を遣いながら



合格めざしてがんばってください。

2011年9月5日月曜日

外部足場が外れました。


先週末



やっと外部足場が外れました。































シンプルですけど





それなりに苦心した部分もありますよ ^^;


2011年8月31日水曜日

現場レポート

しばらく更新さぼってました。。。。 ^^;



さて



現場はというと




着々と工事が進み




建て方が終わり




筋違金物取り付けも終わり




断熱工事も終わり




現在電気設備配線、下地ボード張り




建具枠取り付けまで来ております。





ここまで来ると




あとは完成まで現場を見守るだけ




とにかく規模が小さいので




あっという間の気がします ^^;


1階の軸組












2階の軸組

ボード下地・断熱状況です。

2011年8月22日月曜日

東京研修2日目

昨晩に東京から拘束バスにのって帰宅。。。



今日は少々疲れ気味ですが f^^;




せっかくの東京なので




江戸東京たてもの園の前川邸を




2日目に見学してきました。


南側の庭正面から見た外観です


















北側アプローチからの外観です


















リビングの吹き抜け部分です。
































外はあいにくの雨模様だったので




少し写真は暗くなってしまいましたが





リビングの大きな吹き抜け空間と




吹き抜け上部からの光がとても気持ちよく




さらに南北方向に開けられた開口によって




庭とのつながりが強く感じられて




とても心地よい空間となっていました ^^





建物の良好な保持のため





2階への階段に上れなかったのが残念でした ><









2011年8月21日日曜日

家づくり学校

今日は



東京の家づくりの会が主催する





家づくり学校に参加してきました!
( ̄▽ ̄)♪






今日は建具の製作工程の勉強会です。





大量生産を行う建具工場から






特注建具を製作する工場まで






建具の製作工程というものを





じっくり見学してきました!( ̄▽ ̄)v





建具は機能、デザイン共に奥が深く





単に建具だけの問題だけではなく






建築の納まりにもかかわってくる





重要な部位だと思ってます。





できれば





全て製作木製建具でつくりたい!





そう思いながら






日々仕事に取り組んでいる訳ですが。。。







機能面、コストなどの面などの問題から







そうもいかず。。。f^_^;)




でも






基本的な知識は身につけていたい訳で。。。




まぁ、





そんな私的な感情は置いておいて(笑)




職人さんの技術、苦労を





目のあたりにしてきました!





NCルーターという加工機械においても





そこには





しっかりとした職人さんの技術があったり






材木を自社で研究した裏付けのある製作技術があったり




設計者のワガママを





なんとか実現しようとする





職人さんの試行錯誤があったり





木材の性質を理解したうえでの加工技術があったり。。。





自分は様々な人の力、技術によって





支えられているんだなぁ





と今更ながら痛感しました
f^_^;)



千本格子の建具を組み上げている状況です!
























やっぱり建具ひとつ挙げても奥が深い!






ホゾ加工の工夫などにも






それらの工夫が






現れています!

建具框部分の接合部です!
ねじれなどの狂いを抑える工夫がされています!



























今日の経験が




いつ生きるか分からないけど





今日もたいへんいい経験をしました!( ̄▽ ̄)v






2011年8月10日水曜日

上棟!!

今日は

絶好の建て方日和!
(^_^)☆

現場は
日差しの強さと

職人さんの熱気で
煮えたぎっています
(^_^)☆

今日は屋根下地張りまでいきました。
































小さな小さな住宅ですが、





それでもようやくここまでたどり着くことができました!





まだ途中ですが




現場をながめながらジーンときてしまいました^^;





最後まで気を抜かず頑張ります!!!

2011年8月9日火曜日

土台伏せ


暑い日が続きますね。。。^^;



寝苦しい夜のおかげでやや睡眠不足なワタクシです。。。T_T




さて、



現場の方は着々と進み、




昨日から土台伏せ、床断熱工事です。

































いよいよ明日は建て方です! ^^v

2011年8月1日月曜日

コンクリート打ち

今日は

基礎立ち上がり部分の


コンクリート打設でした
(^_^)☆

道路が狭いのと、



規模が小さいため




シュート打ちで行っています





このあと




5日間放置して



脱型予定です
(^_^)


2011年7月29日金曜日

木材検査

今日は




プレカット工場にて



材木検査でした ^^

 
米松の梁材です。


























検査は工務店さんとワタクシとで行いましたが、





本当は施主さんにも来てもらって





自分たちの家に使う材料がどういう流れで現場に入ってくるのか





感じてもらいたかったなぁ ^^;








 検査の後は





工務店さんとプレカットさんと三者で





金物や仕口の納まりについて




喧々諤々やりました ^^




この時が家を造り上げる醍醐味を一番感じれるので




家づくりの工程の中では一番楽しい時間です! ^^v

2011年7月28日木曜日

配筋検査

今日は朝から



住宅現場の配筋検査でした。



配筋検査は足元が悪いのでバランスが大切(笑)




























今日は天気が怪しいので



コンクリート打てるかなぁ。。。。

2011年7月14日木曜日

ボリューム検討中。。。

進行中の住まいのボリューム模型です。




屋根のかけ方



建物の高さのバランス



軒の高さのバランス





いくつものパターンをつくってボリューム検討してます。




これも設計の仕事のひとつです。





最終的にはしっかりとした模型を提出してプレゼンします。

2階建て部分と平屋部分を分割して
計8パターンくらい検討しました。

2011年7月12日火曜日

家づくり学校第3回

おはようございます。

 

毎日暑い日が続いておりますね ^^;


 

最近風邪を引いて少し仕事のペースが落ちてます (;_;)





 さてそんな中




 7/9(土)に東京の家づくりの会が主催する家づくり学校の第3回目に出席してきました。




 今回はメッキ塗装と一般塗装と家具塗装の現場を見学してきました。




 

メッキ塗装の工程なんて建築関係者でも




ほとんど目にしている人なんていないと思います。




 メッキ塗装は東日暮里の町工場「島野工業」さんで見学させていただきました。


 

メッキはニッケルメッキとクロームメッキがあります。




 クロームメッキの場合はニッケル槽に浸けてからクローム槽に浸ける(たぶん。。。)




 そして、ポリッシャーという液を使ってピカピカに磨いて製品になるみたいです。




 なんかアバウトな説明ですみません ^o^;




 百聞は一見にしかず!



 クロームメッキはとりあえずこんな感じです(笑)










続いて埼玉県松原団地の「ひかり塗装」さんにて




 色んな塗装現場を工場で見学してきました。



壁塗装の下地・仕上げ状況です。






























 
工場内は気候と僕らの熱気で暑くてしょうがなかったです ^^;







そして、これぞ職人芸!!!


塗装で木目を描く場面です!







動画が横になっててスミマセン ^^;




 仕上がりがコレです!!




うまいもんでしょう?




































 
こんな感じで一日勉強し、

 

 
帰りはみんなでビールで水分補給して盛り上がりました ^^v


2011年6月22日水曜日

事務所移転のお知らせ

この度


富山市中央通りにて事務所を構えることになりました。


富山市の創業者支援施設なので


最長で3年の期限付きですが、


ようやく自分の城を構えることができました ^^v


6月に入居が決まり、


それからというもの仕事をしながらコツコツと引っ越しの日々。。。 ^^;


最近になってようやく落ち着いてきました。



近くまで来られた際は、ぜひぜひお立ち寄りください ^^



銘板です。
なかなかかっこよくできました^^


2011年5月15日日曜日

大谷石採掘場

おはようございます ^^


今日は朝からいい天気ですね。


朝はやくの更新です。


日曜なのに朝はやい理由は、


東京の『NPO法人 家づくりの会』の”家づくり学校”という勉強会に


今年一年参加することになり、一昨日から、夜行バスで東京まで行ってきて


今朝帰ってきたところなのです。


実はこの家づくり学校には、一昨年に一年生として座学講座に参加していまして、


今年は二年生として建築の生産現場を訪ねる勉強をすることになっています。



昨日訪れたのは、栃木県の那須町芦野を中心に生産される”芦野石”の採掘場


鹿沼市の”深岩石”の採掘場、宇都宮市の”大谷石”の採掘場


その他、大谷石建造物の街並み見学や、


なんと那須の二期倶楽部まで見学してきました ^^v


とくに3つの採掘場は感激というか、その風景に圧倒されました!


どうですか?これ!


 
芦野石採掘現場
 
深岩石採掘現場
 
大谷石採掘現場

















芦野石と深岩石は露天掘り、大谷石は地下50mまで細い足場を渡り


採掘現場を肌で感じてきました。


なんというか、自然を相手にしたものすごい緊張感がただよっていました。


現場に着いた途端、思わず 『 おぉ~っ!』 という感嘆の声が漏れてしまいました ^^;



日頃、机の上で図面を書くうえで、源流のことなんて考えもしなかったのですが、


なぜ流通している材料のモジュールがきまっているのか、その他色々勉強になりました。


大変貴重な体験でした!!

2011年2月23日水曜日

省エネルギー木造住宅の建て方

昨日、2月22日(月)



富山県民会館で行われた



IBEC主催の『省エネルギー木造住宅の建て方』



という講習会に参加してきました。



主に概要的なことでしたが、



現在も実施中の『住宅エコポイント』や



省エネ住宅による税優遇、及び融資の優遇の説明から




省エネ住宅の断熱材の正しい施工方法、



換気、気密の必要性を学んできました。



『高断熱・高気密』という言葉は



最近ではよく耳にすると思いますが、



「高気密にすると結露が起こりやすい」



などといったデメリットも聞きます。



しかし、確かな断熱性を確保するには、



それに応じた気密性を確保するのが必要不可欠です。



私自身の考えでは、



両者は比例関係にあり、



例えば、高断熱・低気密といった言葉は存在しないと思っています。



というのも、断熱層内に空気の流れがおこると



断熱性能が損なわれてしまうからです。




毛糸で編んだセーターは暖かいですよね?



しかし、セーターは目が粗いので風を通します。



風が吹けばセーターのみでは暖かくなりません。



そこで、セーターの上にウィンドブレーカーを着てみると



とたんに暖かくなります。



という訳で、断熱と気密は一体のものと考えています。



では、結露の対策としてはどうすればよいのか。



一般的に、


①過度な湿度の防止

②換気の促進

③空気の流れをよくする

④室温を適温に保つ



とされています。



①は開放型暖房器(石油ファンヒーターなど)


を使用しないこと。



②については、計画換気といわれ、


昔の住宅のような隙間風はこれに該当しません。


定期的に窓を開けることや24時間換気がそれにあたります。


(機械換気に頼ることが良いとは言えませんが。。。)




少し難しい話になりましたが、


日当たりがよく、風通しがよい、そして確かな断熱性のある住まいが



快適な住まいではないでしょうか。

2011年1月12日水曜日

サグラダファミリア

...






こんばんわ ^^









毎月定期購読している雑誌に









気になるニュースが掲載されていたので紹介します。









スペインの観光スポットにもなっている









ガウディのサグラダファミリアが









内部のみですが、









着工から約130年の時をかけて









ようやく完成したそうです ^^;












アルバイトして貯めたお金で









ヨーロッパを旅行した時に









サグラダファミリアを見たのを思いだし、









思わずブログをアップしました。









当時は工事の真っただ中でもあり(現在もですが。。。)









装飾の華やかさ以外は









何が何だかわかりませんでした ><









雑誌で見る限りでは、









聖堂内部は光がふりそそぐ









とても明るい空間です。









しかし、なんとなく教会というより









美術館のような空間です ^^;









神秘的という感じはあまり感じませんでした。









実際体験すると違うのかもしれませんが。。。









雑誌の写真は載せれないので、









学生時代に撮った写真を載せてみます。



写真はまだまだたくさんありますが、



きりがないので2枚だけ ^^;









外観尖塔部です。
とうもろこし。。。

工事中の内部です。
柱の色は完成と同じでした。