2014年5月1日木曜日

家づくり学校修学旅行vol.3


家づくり学校修学旅行の最終日


訪れた場所は


成巽閣清香軒


松声庵と松向庵


鈴木大拙記念館



成巽閣清香軒は、前田家の奥方の御殿。


いたるところに女性的なしつらえが感じ取れます。


写真撮影はNGなので、HPにてごらんください。


成巽閣HPはこちらから>>成巽閣




そして金沢の重文茶室の松声庵と松向庵



中庭⇒茶室⇒奥庭へと視線がつながります。























松向庵では、中庭を挟んで2つの茶室が臨め、



写真ではわかりにくいかもしれませんが、



お互いが微妙にズレて配されており、



平行に向かい合った場合より奥行き感が感じられます。



松声庵・松向庵の詳しい案内はこちらから>>金沢の茶室案内







最後は鈴木大拙記念館です。



















こちらは先の3つの建築と違い、現代建築家谷口吉生氏による建物。



シンプルかつダイナミックな建築で、秀逸でした。



あいにくの雨でしたが、大人数での建築探訪は



様々な視点や意見が飛び交って楽しいですね。





今回はお隣金沢の建築を見て回りましたが、




同じ北陸の茶室でも、色気というか、雅な華やかさが感じられました。



富山の古建築は骨太の建築が多く、無骨というか力強さを感じます。



石川も富山と同じ雪国であるにも関わらず、



これだけ違いがでるのは、県民性そのものの違いでしょうか。



やはり建築と地域性は切っても切れないものですね。




0 件のコメント:

コメントを投稿